ダイソーのシューツリーを買って使ってみた

革靴の保管に必須なシューツリー(シューキーパー)

木製に拘ると安いコロニルのシューツリーでも3000円以上します。

靴を沢山持っていて持っている靴全部に使う分揃えるとなると大変なんですよ

オールデン、ウェストンみたいな高級靴だと基本的に純正のシューツリーを靴と一緒に買うみたいですが、私が持ってる様な靴だと純正シューツリーなんか有りません

そこで考えたのが、100円ショップ「ザ・ダイソー」で売っている木製のシューツリーで間に合わせられないかということです。

52ADEF08-B986-4135-83BF-1911A71AE2C0

100円ショップなのに片足分150円で靴1足分で2個買う必要が有ります。

調べによると以前は150円ではなく100円だったそうです。。

コロニルのものとは違って、バネを折り曲げて突っ込むタイプ

一応木製ですが、木の処理が荒くてこのまま使うと大切な靴の内側を痛めそうです。

サンドペーパーで削ってつるつるにすれば問題なさそうですが、あいにく自宅にサンドペーパーが無いのと面倒なので履き古しの靴下を履かせてやり過ごすことにしました。

A968BDC7-DD01-49FD-B0BB-16B86EC5314F

早速、シルバーカスタムしたキャサリンハムネットの革靴に装着

C68E0D16-41B9-4CE2-ACC7-FBB081508AD3

左側はコロニルのシューツリー

右側は靴下を履かせたダイソーのシューツリー

282670AC-CD9D-4E8F-ADE7-8DFFFD70C7A8

構造の違いも有るとは思いますが若干ダイソーのシューツリーの方がアッパーの皺が伸びている様な気がします。

難点としては、ヒール側のバネの力が木の玉一点で支えられるので変な癖がついてしまう可能性が有るくらいでしょうか

あとは見栄えの問題もこういう自己満足の領域だと重要だったりしますよね

コロニルのシューツリーは入れると靴がグレードアップしたかの様な風格が有りますけど(言い過ぎか(・・;))

ダイソーのは矯正器具を入れてる感が否めません(これも言い過ぎか(・_・;))

本来なら全部の革靴にコロニルのシューツリー買うのがベストなのですが、ダイソーのシューツリーも上手く活用出来るなら結構な節約になって良いと思います。

あと私なりの使い方にはなってしましますが

image

こういうタイプのミュールだとヒール側の変形とか心配せずに前だけ突っ込んでおけるので使い道として有りだと思います。

安く済まそうとすると結局何らかの工夫が必要になったり、結局使わずに終わったりすることって結構多いので、出来ればコロニルのシューツリーを全部の革靴に装着したいのですが、数が多くなってくるとやはり金額が大きくなってしまいます。

その辺は靴に対するそれぞれのスタンスの問題という感じでしょうか

しかしながらダイソーのシューツリーは最低限シューツリーとしての役割は果たしてくれはするので、とにかく安く木製のシューツリーを買いたい!!という人にはオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました