3シーズン酷使したビルケンシュトック ラムぜス


今年もサンダルのシーズンが終わってしまいましたね。。

寒くなるのは本当に嫌です(~_~;)

おさらいとして過去のビルケンシュトック ラムぜスはこちらです。

1シーズン酷使したビルケンシュトック ラムぜス

2シーズン酷使したビルケンシュトック ラムぜス

新品で厚底カスタム直後のビルケンシュトック ラムぜス


そして3シーズン酷使した今の状態がこちら

ramu

先日雨で濡れたので水洗いはしてあります。

去年とあまり変わってない気がします(・・;)

今年は去年以上にというか、仕事以外はほぼこれを履いて過ごしていたのにこのコンディション

ビルケンシュトックのサンダルは丈夫なんですよ(・_・;)

私の場合着脱に手間取る紐靴を好まないので、同様に着脱に手間取るバックルが異常に多いこれの出番は今年に関してはゼロでした(‘◇’)ゞ

atene

あと、廉価版ビルケンシュトックでよく使われているビルコフローという素材

私のラムぜスもABCマートで買った廉価版なのでもちろんビルコフローですが、異常に丈夫です(・。・;

本革みたいにひび割れとか退色とか一切ないですし、一般的な合成皮革みたいに表面の剥がれも一切ありません

本革じゃないと駄目みたいな偏った思考の方も多い様ですが、ビルコフローで革靴とかも普通に有りだと思える耐久性です。

何よりもオイル塗ったりみたいなメンテナンスが一切不要なのが素晴らしいです。


コメントしてくださる

メールアドレスが公開されることはありません。